薩長盟約と龍馬伝説 The Satsuma-Choshu Alliance and Ryoma Legend

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

慶応2年1月の薩長盟約における龍馬周旋説と龍馬立役者説は共に、それに対する対抗仮説が成立しうる仮説であり、真偽不明の伝説である。しかしこれらの伝説についての考察は歴史学における幾つかの問題に改めて目を開かせてくれるという側面を持つ。

収録刊行物

  • 人文論叢

    人文論叢 (30), 107-122, 2013

    三重大学人文学部文化学科

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005228807
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10045090
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0289-7253
  • NDL 記事登録ID
    024457111
  • NDL 請求記号
    Z22-1301
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ