広島高等師範学校附属中学校における関数教育についての考察 : 明治38年から昭和8年までの教科書を中心にして A Study on Hiroshima Higher Normal School attached Middle School's Thought of Function : centering on Mathematics Textbooks from 1905 to 1933

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

広島高等師範学校附属中学校が、明治後期・大正・昭和初期にかけて行ってきた関数や関数の考え方に対する教育(関数教育)はどのようなものであったのか、その様相を明らかにすることが本稿の目的である。研究の結果、明治38年度から大正5年までは、教科書作成第I期に向けて準備を進めた準備期、関数概念の養成を代数学を中心として進めた創生期(第I期:大正6年~大正12年)、幾何学で式とグラフの利用、算術でグラフ利用及び代数学の更なる充実をはかった成長期(第II期:大正11年~大正15年、第III期:大正15年~昭和5年)、数学全体という志向でより広がりを見せた成熟期(第IV期:昭和6年~昭和8年)と、大きく4つに分けられることが明らかとなった。

収録刊行物

  • 三重大学教育学部研究紀要

    三重大学教育学部研究紀要 64, 193-208, 2013

    三重大学教育学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005228843
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12097333
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1880-2419
  • NDL 記事登録ID
    024722396
  • NDL 請求記号
    Z22-209
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ