戦時期農村における郷土教育実践の変質 : 滋賀県島小学校を事例として  [in Japanese] Transition of the Community Education during Wartime in Japan : A Case of Shima Elementary School in Shiga Prefecture  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では、滋賀県島小学校を事例として、戦時期農村における郷土教育実践の変質過程を考察した。島小学校の郷土教育実践は、戦時期になると国民精神総動員運動や国民学校令の影響を受けて、軍国主義・国家主義的な目標が組み込まれるようになっていく。一方、具体的な実践においては、先進校として取り組んできた「地域振興」「村に即したる教育」が展開され、自力更生的な郷土教育はその後も継承される。島小学校では、すでに作りあげてきた郷土教育実践を国策の変化に対応させて、郷土での生活に反映させていく変質過程を戦時期にたどっていた。

Journal

  • 教育実践開発研究センター研究紀要 = Bulletin of Center for Educational Research and Development

    教育実践開発研究センター研究紀要 = Bulletin of Center for Educational Research and Development (22), 77-85, 2013-03

    奈良教育大学教育実践開発研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005229973
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12571252
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2186-5841
  • NDL Article ID
    024621170
  • NDL Call No.
    Z7-3370
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top