日本の中等教育における国際バカロレア導入の利点と課題 : 特別活動に着目して  [in Japanese] The Advantage and Problem of Introduction of International Baccalaureate into Secondary Education in Japan : Focusing on Extra-class Activities  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

グローバル化の進展の中で、グローバル人材の養成が求められている。そのための有力な一手段として、国際バカロレアの導入がある。本稿では、国際バカロレアの理念やカリキュラムを概観し、それを日本の中等教育に導入する利点や課題について考察する。とりわけ、教科以外の活動に注目する。日本では、学級活動や生徒会活動、学校行事といった特別活動がカリキュラム内に位置付き、必修になっている。国際バカロレアは教科外活動をいかに位置付け、その内容は、日本の特別活動とどのくらい親和性があるのか、相違点からはなにを学ぶことができるのかを、国際バカロレア機構の文書やワークショップ、実践校への聞き取り調査から明らかにする。国際バカロレアの中等教育プログラムの導入は、従来の特別活動を妨げず、むしろ、特別活動と教科や実社会との連携を強めていくことが期待できる。

Journal

  • 教育実践開発研究センター研究紀要 = Bulletin of Center for Educational Research and Development

    教育実践開発研究センター研究紀要 = Bulletin of Center for Educational Research and Development (22), 87-94, 2013-03

    奈良教育大学教育実践開発研究センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005229974
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12571252
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    2186-5841
  • NDL Article ID
    024621207
  • NDL Call No.
    Z7-3370
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top