「学生オペラ」を通した文化活動の推進(1)―連携,革新,フィードバックの視点から― Leading Cultural Activity through Student Opera (1) : From a Viewpoint of Cooperation, Feedback and Innovation

この論文にアクセスする

抄録

 「学生オペラ」の発信は,教育現場で活躍できる人材育成と,岡山大学を文化活動の拠点とした文化・芸術活動の盛んな地域づくりを目指すことを目的として実施したものである。本稿では,約半年間の準備期間の様子とその成果を報告し,筆者らが取り組んださまざまな連携のあり方と課題について考察した。連携に関しては,①教育学部内の教員の連携(教科内容専門の教員と教科教育専門の教員),②附属学校との連携,③他学部との連携,④地域や卒業生との連携に焦点を当てて検討した。また,オペラ終演後に実施したアンケート結果からは,来場された多くの方が非常に満足されており,これからも継続してほしいと要望していることが明らかになった。

収録刊行物

  • 岡山大学教師教育開発センター紀要

    岡山大学教師教育開発センター紀要 3, 32-41, 2013-03-08

    岡山大学教師教育開発センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005232446
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    2186-1323
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ