次世代を担う農企業戦略論研究の課題と展望  [in Japanese] Topics and Future Outlook for Innovative Research of Farm Governance and Management  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

わが国の農業を巡る今日的な状況は概して明るくない。その状況変化の方向は概ね次のように整理できよう。第1に、わが国人口の少子・高齢化の急速な進行とその下での農業生産者の著しい高齢化傾向である。しかし、この傾向は既にかなり以前から指摘されてきており、現況ではその最終段階が迫ってきたという切迫した状況にあるといえよう。第2に、食のグローパル化の進展と国内農産物価格の長期的な低迷化の傾向である。そして、第3に、異常気象や鳥獣害の頻発により、農業生産者の生産意欲が著しく削がれてきていることである。それらの結果として、不耕作・遊休農地が全国的に大幅に拡大してきており、また、わが国農業に対する将来への不安が多くの農業生産者において増大してきている。このような状況下で、わが国農業を実質的かつ健全に担う農業経営体を表す総称概念としての「農企業」が注目されつつある。この「農企業」に総称される農業経営体には、伝統的な意味での家族農業経営を主体とした農業経営体から集落営農に代表される組織農業経営体、先進的と目される企業的農業経営体等、様々な経営形態を持つ多様な農業経営体が当てはまる。また当然に、その中にはその展開が現在進行形と見なされる動態過程あるいは変遷過程にある様々な農業経営体も含まれうる。そして、この「農企業」に総称される多様な農業経営体に期待される効果・効用は一般に次のように整理できよう。第1に、地域の先進的・先駆的農業を担うリーデイングファームとしての期待である。第2に、研修生やインターンシップ生などの受入も含め、次世代のわが国農業を担う人材育成への期待である。第3に、地域農業への先進的技術の普及や社会的貢献活動への期待である。そして第4に、六次産業化等の事業を主導することによる地域農産物の付加価値の増大効果への期待である。第5に、直下の地域雇用を創出する可能性への期待である。第6に、それらを通じての地域経済活性化の可能性への期待である。そして、最後に、農地を含む地域農業資源を維持・保全できる地域主体としての期待である。

This paper investigates management and governmental challenges of agricultural enterprises. Here we took three methods below in order to approach the issues. First, the present status and direction of changes for recent years are discussed, focusing on conditions of food distribution in Japan. Second, we classify farm businesses into 8 types (AT, AO1, AO2, AI, uM1, uM2, G, and E). Third, we investigate the research issues regarding these challenges. From our research, it can be concluded that 1) the directions of inside change are as follows: renovation of business objectives, renovation of profit structure, improvement of human resources management and diversification of management organization. 2) The directions of outside changes are as follows: fulfillment of social responsibility, role of central hub in the community, close alliance with other industries. 3) To analyze the challenges of agricultural enterprise, we need new approach methods such as career development in addition to conventional methods.

Journal

  • 生物資源経済研究

    生物資源経済研究 (18), 43-60, 2013

    京都大学大学院農学研究科生物資源経済学専攻

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005244292
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10529053
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1341-8947
  • NDL Article ID
    024467279
  • NDL Call No.
    Z18-B433
  • Data Source
    NDL  IR  JASI 
Page Top