この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

2012年4 月から先行実施された高等学校数学科及び理科の新学習指導要領では,キーワードの1 つである「数学的活動」が,教育目標から教育内容の扱いへ変更された。現在では「数学化」「数学的実験」「問題解決」「数学活用」などの概念的に類似した用語も教育界に浸透しつつある。しかし,それらの用語の大意や使用される場面に大きな差は見られない。本稿ではそれらの用語を統一する概念として,国際的に既に体系化された「数学的モデリング」の観点に立ち,高校1 年生全員に対する学習が必修となった統計教育の在り方を検討することにする。一方,現状として統計分野の効果的な教育実践については,学校の先生が教育現場での指導経験が乏しく,また学んだこともないという障壁も危惧されるところである。そこで新学習指導要領の実施に先立って,旧学習指導要領の下で扱われた内容も含んだ「単元:データの分析」について教育実践を行った。それらは「数学的活動」かつ「統計的モデリング」の実践事例でもあり,今後の中等教育と大学教育の接続や教育の国際性を意識した教材開発の方向を示すものとなろう。

In the new government teaching guidelines for mathematics and science introduced in April 2012, the keyword, "mathematical activity" was changed from a category of educational goals to educational contents. At present, several conceptually similar technical terms are in use, such as "mathematization," "mathematical experiment," "problem solving," and "mathematics utilization." However, no great diff erence exists regarding the meaning and application of these terms. In this paper, using the well-known and systematized term "mathematical modeling" to unify all the previous terms, we describe the study of statistics, which has become a compulsory course in the new curriculum. We anticipate that diffi culties will arise in eff ectively implementing the statistics classes because of the lack of experience in many schools. Therefore, we propose introducing tentative lessons from previously taught "data analysis" courses, which are also examples of "mathematical activity" and "statistical modeling." Furthermore, these lessons could become a proposal for the development of teaching materials in cooperation with high schools and colleges.

収録刊行物

  • 大阪大学教育学年報

    大阪大学教育学年報 (18), 3-19, 2013

    大阪大学大学院人間科学研究科教育学系

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005248988
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1055404X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1341-9595
  • NDL 記事登録ID
    024620096
  • NDL 請求記号
    Z7-B828
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ