イングランドのサッカークラブにおけるユース育成について(1)イングランドのユース育成システム  [in Japanese] A Case Study of the Youth Training System of Football Club in England(1)An Outline of the Youth Training System in England  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究は,サッカー発祥の地であり,世界最高峰のプレミアリーグを有するイングランドの地域サッカークラブにおけるユース育成の実情を検証するため,内藤がスタッフとして所属したセミプロリーグレベルのクラブ(5部リーグ)「AFCウィンブルドン」に焦点を当て,そのクラブがどのように誕生し,地域に根付いてきたのか,また実際の運営はどのように行われているのかを明らかにし,特にそのユースチームの指導体制や運営実態を筆者自身の体験を交えながら明らかにすることによって,イングランドのサッカークラブにおけるユース育成の内情を実証的に検証することを目的とする。特に,本稿ではイングランドの全体的なサッカー構造を明らかにするために,関連する文献やサイトから,リーグ,カップ戦,サッカークラブ,ユース育成システムなどの概要を明らかにし,長い年月をかけて構築されてきた組織の全容を明らかにする。The purpose of this study is to make the actual conditions of the Youth Training System of Football Club in England clear through the experience of the AFC Wimbledon in Wimbledon. Especially, before examining the case study of the AFC Wimbledon, the present study is to examine an outline of youth football training system in England. The finding and discussions on the following topics are presented in this paper: 1. The Structure of the Football League in England (1) An Overview of the Football League in England (2) About the Lower Football League 2. The Youth Training System in England (1) A History of the Youth Training System (2) The Standard of the Football Academy

Journal

  • 大阪教育大学紀要. 第4部門, 教育科学

    大阪教育大学紀要. 第4部門, 教育科学 61(2), 11-24, 2013-02

    大阪教育大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005255542
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00028222
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0389-3472
  • NDL Article ID
    024475780
  • NDL Call No.
    Z7-239
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top