臨床心理専門家養成のための医療実習に関する実態調査 : 全国臨床心理士指定校におけるシラバスより  [in Japanese] Investigation of the Actual Situation about the Medical Training for Clinical Psychologists  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

心理学の応用のひとつとして、医療領域に関わる専門家の育成のための教育システムは重要と考えられる。医療の分野における心理職のニーズは昨今ますます大きくなってきているといえるが、そのためのコアとなる教育が実際には各大学でどこまでなされているかが必ずしも明らかとはいえない。広義の臨床心理学のなかに医療領域に従事する心理学専門家の育成が入ってくると思われる。2008年に日本学術会議の健康・医療と心理学分科会は、医療領域に従事する国家資格法制の確立の提言を行ない、これ以降の討論の中で、現状の問題として、教育カリキュラムの確立が課題とされた。とくに、大きな点は臨床実習を含めたカリキュラムの確立にあるといえる。本研究では、そのために全国の臨床心理系大学での教育システム、とくに臨床実習状況の実態調査を行ない、大学院における専門家教育のためのカリキュラムの充実に向けての資料を提供したいと考える。実際には第1段階として現在ある全国の臨床心理士指定校や専門職大学院165校を対象の中心として調査を行なうこととする。第2に全国の臨床心理士に教育経験等についてアンケート調査を行なうことにする。第3に全国の大学病院に臨床心理専門家の医療実習受け入れ状況についてのアンケート調査をする。本報告では、このうちの第1段階のなかのシラバス調査について示すこととした。

Journal

  • 研究紀要 : 富山大学杉谷キャンパス一般教育

    研究紀要 : 富山大学杉谷キャンパス一般教育 (40), 111-114, 2012-12-25

    [富山大学杉谷キャンパス一般教育]

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005257214
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12190328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    1882045x
  • Data Source
    IR 
Page Top