25抽象カテゴリーにおける単語の出現頻度 Frequency in the recall of words belonging to 25 abstract categories

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

記憶や言語学習の研究においては、言語材料の属性を統制することが重要である。健常者の言語記憶学習において、記憶の体制化は効率的な記憶方略のひとつの現象として知られている。統合失調症患者では記憶方略、とくに記憶の体制化の問題があることが指摘されてきた(Matsui et al, 2006)。また、そのための記憶のリハビリテーションについての開発研究も予備的に行なわれてきた(Matsui et al, 2007; 中坪ほか、2009;Matsui et al, 2010)。さらに記憶方略の詳細な検討や記憶のリハビリテーションのための刺激材料を用いるにあたっては、具象カテゴリーのみならず、抽象カテゴリーも必要となってくる。しかしながら、これまで日本語のソースとして検討されてきたカテゴリーは具象カテゴリーがほとんどであった(小川、1972;秋田、1980;松井・中坪、2007)。本研究では抽象カテゴリーについての事例の出現頻度の検討を行なうことを目的とした。そして、記憶および言語研究において、刺激材料を用いる際に参考となるカテゴリー表を作成することとした。

収録刊行物

  • 研究紀要

    研究紀要 (38), 71-86, 2010-12

    [富山大学杉谷キャンパス一般教育]

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005257220
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12190328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1882045X
  • NDL 記事登録ID
    10981682
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1065
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ