ポスト経済成長期において男性の職業意識は「長期雇用」慣行にどう影響したか? How Did Men's Occupational Attitudes Affect the Custom of "Long-Term Employment" in the Period of Post Economic Growth?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

戦後日本の「長期雇用」慣行を説明することは階層研究でも重要なテーマである。本稿は、高度経済成長期までに入職した世代で大企業従業者を中心に「長期雇用」傾向が進んだのはなぜかという問いを設定し、この世代の男性従業員の職業意識とその後のポスト経済成長期の離職行動との関連性に注目し実証的説明を試みた。1979 年から2006 年までのインターバルを置いて同一男性対象者を追跡したパネル調査データを用いた多変量解析の結果、労働市場のなかでも中小企業ブルーカラーに従事する男性の仕事満足度(1979 年)のみ、その後のポスト経済成長期の離職行動を抑制した。一方、大企業従業者や中小企業ホワイトカラーに従事する男性の仕事満足度は、その後の離職行動に影響しなかった。よって、離職行動に伴い賃金や雇用の安定性の下降移動が起こるリスクが高い従業員は、たとえ仕事に不満でも勤続したことが示唆された。このような職業生活における労働市場の位置と職業意識との交互作用効果が、大企業を中心とした「長期雇用」慣行に影響したと考えられる。Explaining the custom of postwar "long-term employment" has been an important issue in the study of Japanese social strati cation. I pose the question why employees of large companies who obtained jobs during the Period of Economic Growth experienced this custom. For this question, I focus on the association between the occupational attitudes of the male employees of the generation and their quitting job actions in the Period of Post Economic Growth. The result of the analysis using panel surveys that traced male samples over a long period of 27years (1979-2006) shows that job satisfaction of blue color workers engaged in small or middle size rms in 1979 discouraged them from quitting their jobs later but the attitudes of other workers, who were employed in large rms or white color workers in small or medium sized rms did not affect their mobility. This implies that employees who were more likely to decrease wages or job securities by quitting jobs settled in their company even if they had been dissatis ed with works. I think that these interaction effects between attitudes and positions in labor market on their quitting job actions affected the custom of "Long-Term Employment".

収録刊行物

  • 年報人間科学

    年報人間科学 (34), 55-72, 2013

    大阪大学大学院人間科学研究科 社会学・人間学・人類学研究室

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005285831
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0020011X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0286-5149
  • NDL 記事登録ID
    024764081
  • NDL 請求記号
    Z6-1601
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ