ドイツの日本語補習校幼児部における現状・実践・考察

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

近年、日本語補習授業校幼児部の在籍率は増加の傾向にあるが、就学前児童は在外教育の対象には含まれていない。本稿では、補習校幼児部が在外教育の対象外に位置することから生じている問題を示し、その改善を目指して行った実践とその成果について、主に実践者側の視点から報告している。実践の結果、補習校と家庭とが「意識的」かつ「密に」連携することの意義が再認識できたと同時に、目的を明確にした活動を継続的に実践することが成果を生みだすためには重要であることが示唆された。しかし、補習校において継続的な実践を行うには困難を伴う現状があることも新たな課題として浮かび上がってきた。小学部や中学部へとつなげていけるような幼児部実践のためにも今後の問題改善に期待したい。

収録刊行物

  • 母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究

    母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)研究 6, 80-95, 2010-03-31

    母語・継承語・バイリンガル教育研究会(MHB研究会)

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005294058
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12325176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ