日本の社会保障制度の形成  [in Japanese] The formation of social security system in Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

この論文は、前稿「社会保障制度の形成」(『現代社会研究』Vol. 10、2007年)に続き、現代日本の社会保障制度を批判的に検討し、今後の改革の方向を模索するための予備的研究として、日本の社会保障制度がどのようにして形成されてきたかを、歴史的に考察することを目的とする。その内容は次の通りである。 Ⅰ 社会福祉の時代区分 Ⅱ 前近代における社会福祉 Ⅲ 近代における社会福祉 Ⅳ 現代前期における社会福祉 Ⅴ 総括と展望The purpose of this paper is to comprehend how the social security system has been formed in Japan. I think it is necessary to do so as a preliminary step to develop a critical examination of the social security system in contemporary Japan. The contents are as follows : Ⅰ The Division of Ages in Social Welfare Ⅱ Social Welfare in the Pre-modern Age Ⅲ Social Welfare in the Modern Age Ⅳ Social Welfare in the Early Stages of the Present Age V Summary

Journal

  • Contemporary society bulletin

    Contemporary society bulletin (2), 1-27, 2008-03

    京都女子大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005303175
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12228704
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18820921
  • NDL Article ID
    10436070
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL Call No.
    Z71-T411
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top