日本の社会保障制度の現在  [in Japanese] The present situation of Japanese social security system  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

この論文は、「社会保障制度の形成」(『現代社会研究』Vol. 10、2007年12月)、「日本の社会保障制度の形成」(『現代社会研究科論集』第1号、2008年3月)および「20世紀後半における日本の社会保障制度」(『現代社会研究』Vol. 11、2008年12月)に続き、20世紀末から現在にいたる日本の社会保障制度の変遷を概観し、将来に向けて安定的で信頼できる制度をどのように作り上げていくべきかの考察に資することを目的とする。その内容は下記の通りである。Ⅰ 1990年代の社会保障 Ⅱ 小泉構造改革以降の社会保障 Ⅲ 総括The purpose of this paper is to make clear in what situation Japanese social security system has been since the end of 20th century. This is the last part of the preliminary study for developing a critical examination of the social security system in contemporary Japan. The contents are as follows : Social Security System in the Nineties Ⅱ Social Security System since Koizumi's Structure Reform Ⅲ Summary

Journal

  • Contemporary society bulletin

    Contemporary society bulletin (3), 1-28, 2009-03

    京都女子大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005303185
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12228704
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18820921
  • NDL Article ID
    10436250
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL Call No.
    Z71-T411
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top