重金属暴露による淡水巻貝カワニナ(Semisulcospira libertina)の行動への影響

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

近年、急速な科学の発展や経済成長に伴い、多数の化学物質が大量に使用され、その恩恵で農業、工業や医薬等の分野が飛躍的に進歩してきた。しかし化学物質の中には、人間の健康に被害を及ぼすだけでなく野生生物に悪影響を与えるものもあり、その影響が懸念されている。水圏環境においては、有害化学物質の流出による河川や地下水等の汚染事故や慢性的な低濃度汚染が度々報告されている。特に産業廃棄物処理場等から浸出水に含まれた重金属が河川に流入し、上水原水の重金属汚染等による人間の健康や水生生物への影響が懸念されている。産業廃棄物処理場の浸出水等が流入しやすい河川流域には淡水性貝類が生息しているが、その生態的な特性上移動性が低く、生息場所をほとんど変えることができないため、化学物質の汚染を長期的に受けやすい。貝類は重金属等の化学物質に暴露された場合、閉殻行動により短時間は耐えることができるが、低濃度の汚染下では化学物質が徐々に体内に蓄積され影響を受けると考えられる。しかしながら、巻貝類に対する化学物質の急性毒性や慢性毒性を調べた研究例は少ない。特に巻貝の行動に対する化学物質の影響評価はほとんど行われていないのが現状である。最近、化学物質が生物の行動に与える影響が注目されている。生物が亜急性レベルの化学物質に暴露されると、摂餌行動、天敵回避や繁殖行動に影響を及ぼし、最終的に個体もしくは個体群の死(生態学的死)につながる。よって化学物質の暴露による生物の行動影響の評価は重要である。貝類でも二枚貝を中心として重金属などの有害化学物質に対する影響を行動学的なパラメータで評価する研究が行われているが、巻貝での知見はほとんどない。今回の研究に用いた淡水性巻貝であるカワニナは日本を含む東アジアの河川や用水路などに広く生息しており、日本の水環境を代表する生物である。二枚貝に比べて運動性が高いため、行動の観察が容易である。よって本研究では、本種を用いて重金属が巻貝の行動に及ぼす影響を調べた。

収録刊行物

  • 九州大学大学院農学研究院学芸雑誌

    九州大学大学院農学研究院学芸雑誌 64(2), 119-123, 2009-10

    九州大学大学院農学研究院

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005319371
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11577672
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    13470159
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ