DNA鑑定による赤肉系リンゴ新品種'紅の夢'の親の推定  [in Japanese] Identification of parents of 'Kurenainoyume', a new cultivar of red-fleshed apple, by DNA markers  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

'紅の夢'は弘前大学藤崎農場で育成されたリンゴ新品種である。このリンゴの果実の特徴は濃い暗紅色の果皮と印象的な淡紅色の果肉を持つことである。'紅の夢'は、'紅玉'と'スターキングデリシャス'との交配により作出されたと記録されていたが、DNAマーカー解析によると、'スターキングデリシャス'は交配親ではないことが明らかになった。さらに、SSRおよびSTSマーカーを用いた遺伝子型解析により、'紅の夢'の親品種のうち一方は'紅玉'、もう一方は藤崎農業に植栽されている樹(赤肉親候補A)である可能性を示した。このリンゴ樹は'エターズコールド'とされていたが、SSR遺伝子型を調査したところ大半がオリジナルの遺伝子型とは異なることから、'エターズゴールド'ではないことが明らかになった。PCRベースのS-RNase解析により、'紅の夢'のS遺伝子型は、S3S7と既存品種の'つがる'や'未希ライフ'と同一であることが明らかになった。この結果から、'紅の夢'は日本で栽培されている多くの品種と交雑和合性があると考えられた。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Agriculture and Life Science,Hirosaki University

    Bulletin of the Faculty of Agriculture and Life Science,Hirosaki University (13), 7-13, 2011-02

    弘前大学農学生命科学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005320633
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1136120X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13448897
  • NDL Article ID
    11066319
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL Call No.
    Z74-B711
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top