Access this Article

Search this Article

Abstract

この報告書は、2012年7月にビデオ収録したいくつかの事例の分析を、暫定的にまとめたものです。分析の手法には、「会話分析」(conversation analysis)と呼ばれるものを用いています。 この報告書をまとめるにあたり、私たちは、まず、言葉のやりとりをすべて詳細に文字化しました。62ページに及ぶ書き起こしができました。最初の会合で、実際のビデオと書き起こしを照合しながら、いくつか興味深い「現象」を取り出し、それぞれの現象を含む断片を、書き起こしのなかから切り出す作業を行いました。第2回目の会合で、それぞれの課題についての断片集を、一つ一つ検討し、本報告書にまとめるべき、トピックを確定しました。本来ですと、1つの現象について数十の断片を分析しますが、今回は、5つほどの断片が集まったもの、また既存の知見の例として、示唆的なものについて、簡単に報告します。4つのトピックについて、とりあえず観察できたことをまとめます。

Journal

  • 研究所年報

    研究所年報 (43), 9-26, 2013-03

    明治学院大学社会学部付属研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005323448
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00342985
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0911-4831
  • NDL Article ID
    024619333
  • NDL Call No.
    Z6-2007
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top