学生SD のためのデータ解析の可能性と重要性 : 学生の仕事力養成のための1つのアプローチ  [in Japanese] Potential and Importance of Data Analysis for Student Development : An Approach to the Development of Student's Vocational Capacity  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

大学にとって最も重要な課題は教育力の向上である.大学の一部署である大学図書館にとっても学生支援は大きな課題である.昨今は少子化などの社会的変化に伴い入学してくる学生の多様化が進んでいる.我々はデータに基づいてこのような学生の実像を把握する研究を行ってきた.図書館データとしては特に貸出記録に注目し,授業データとしては出席,宿題,試験,そして学生の自己・授業評価アンケートを用いる.本稿では,大学の教育力向上,特に社会人・職業人としての教育力の観点からこれらの研究結果を総括し,今後の方向性を議論する.

Journal

  • 九州大学附属図書館研究開発室年報

    九州大学附属図書館研究開発室年報 (2012/2013), 19-28, 2013-09

    九州大学附属図書館

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005323560
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12150050
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1881-3542
  • Data Source
    IR 
Page Top