山ノ内町におけるツキノワグマ人身事故の検証  [in Japanese] An investigation of an accident that an Asiatic black bear attacked on humans in Yamanouchi town, Nagano  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

2011年は,長野県でツキノワグマが大量出没した2006年および2010年と異なり,目撃件数・人身事故件数・捕獲数は平常年並であった。しかし,山ノ内町では10月に1頭のオスのツキノワグマが4人に被害を与えるという人身事故が発生した。人身事故をきちんと検証することは,被害軽減,防止に向けて必要不可欠である。そこで,今回の人身事故について聞き取り・現場検証・加害個体の年齢や安定同位体比による食性などを調査した。その結果,当該個体は山の自然の中で生活していたが,高齢になって体が弱り,河川に沿って人里まで下りてきた可能性が考えられる。その際に,偶然に散歩中の人と出会ってしまったために人身事故に至り,それをきっかけにパニック状態になって住宅地に入り込み,さらに被害を拡大してしまったと推測される。

Journal

  • 信州大学農学部AFC報告

    信州大学農学部AFC報告 -(10), 133-138, 2012-03

    信州大学農学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005330958
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11845727
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1348-7892
  • NDL Article ID
    023636339
  • NDL Call No.
    Z74-D672
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top