トルコギキョウの冬出し栽培における生育初期の昼温が生育速度と主茎伸長および花芽分化に及ぼす影響  [in Japanese] Effect of Day Temperature during Early Developmental Stages on Growth and Flowering in Winter Culture of Eustoma grandiflorum  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

西南暖地におけるトルコギキョウの冬出し栽培では,開花の遅延回避と草丈の確保が問題となる。西南暖地の冬出し栽培では,定植後の一定期間に加温を必要としないことに着目し,高昼温管理による生育促進技術を検討した。夜温を15℃一定とし,昼温25または30℃に設定した自然光型ファイトトロンで,中早生品種'ボレロホワイト'を定植~切り花収穫まで栽培した。昼温25℃区に比べて昼温30℃区で主茎伸長が促進され,早期に発蕾して開花した。定植60日後までの茎葉の乾物重は,昼温30℃で重い傾向にあった。また,下位節の節間伸長は,定植40日後までに決定されていた。これらの効果を実際の栽培で確認するため,施設の換気温度を25と30℃に設定したガラス温室で,初期生育と発蕾日に及ぼす影響を検討した結果,30℃が25℃と比較して生育は促進したが発蕾日に差はなかった。さらに,9月22日定植と9月29日定植の2回の栽培で,定植から約40日程度の施設の換気温度を30℃に設定した高昼温管理が,収穫日と切り花品質に及ぼす影響の検討を行った結果,初期生育が促進し,9月22日定植で2月上旬,9月29日定植で2月中旬に切り花長80cm以上,切り花重40g以上確保された切り花が得られることが明らかとなった。

Journal

  • 園芸学研究

    園芸学研究 11(3), 343-349, 2012-07-15

    園芸学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005331673
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11608561
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1347-2658
  • NDL Article ID
    023899470
  • NDL Call No.
    Z74-C757
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top