日本企業における業績管理システムの実態調査  [in Japanese] A Survey of Performance Management Systems in Japanese Companies  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年, バランスト・スコアカード(BSC)や脱予算経営といった, 業績管理システムに関する新たな理論的フレームワークが提唱されている。われわれは日本企業の業績管理システムとそれに影響を与えると予想される要因について, 実態を詳細に明らかにするため, 2009年11月東京証券取引所第一部上場企業1,700社(一部傘下の主要事業会社も含む)を対象に, 郵送質問票調査を実施した(回答企業68社(回答率4.0%))。本稿ではそのうち, 主要事業単位の組織構造と業績指標の重視度, 業績目標の設定プロセスと水準, 業績管理システムの活用方法と特徴, 期末の業績評価プロセス, 影響が予想される要因に関する調査結果を報告する。資料挿表付録 質問原票

Journal

  • 三田商学研究

    三田商学研究 55(6), 67-87, 2013-02

    慶應義塾大学出版会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005334093
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00234698
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0544-571X
  • NDL Article ID
    024439129
  • NDL Call No.
    Z3-296
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top