社会・環境倫理から見たプラトニズムと儒教 Platonism and Confucianism on Social and Environmental Ethics

Access this Article

Search this Article

Abstract

It is true that traditional samurai rule in Edo-era Japan has been much criticized as despotic or tyrannical rule in a feudalistic, hierarchical class society. This image is, however, being changed recently, since people have found that in Edo society natural environment was not only well preserved but even enriched. I find the enigma of this fact in the Confucian view of nature. Samurai rule in Edo-era has, strange to say, many similarities with Platonic ethico・politics in its ideal state. If one cross-examines the Platonic views of nature with that of Confucianism, one will find that well-ordered social politics in Edo was based on the sound views of nature, --a sort of lucky combination of Platonic ethico・politics and profound Confucian philosophy of the unity of Heaven and man.プラトニズムとキリスト教に発する西洋の二大伝統思想は,およそ二千年を経て習合して,ルネッサンスに至り,西洋近代主義を生み出すことになった。ところが現代においては,地球環境危機の原因として西洋近代主義が批判されるようになった。西洋近代主義はもはや人類を主導する力と影響力を失った。われわれを導く道徳の原動力はプラトンのイデアでもキリスト教の神でもなく,また進歩した機械技術,国際資本主義,人権や国家主権でもないとすれば,人類はもはや思想を失って,ニーチェが予言したようなニヒリズムに陥って無思想になってしまったように見える。他方,我が国では,戦後,伝統思想が何か悪いことのように考えられ教えられなくなった。しかも従来追従してきた西洋近代思想が力を失った状況では,無思想状態に陥っているように見える。この窮状から脱却する方法として考えられるのは,伝統思想の長所を見直し,西洋近代主義の短所を批判して,両者の長所を採り入れる批判的継承しかないのではないかと考えられる。本稿では,プラトニズムと儒教の自然観の決定的な差異にも拘らず,両者の社会倫理(倫理・政治)においては不思議な一致が見られる点を論じ,この一致が儒教を倫理・政治のイデオロジーとした江戸時代の幕藩体制における武士階級の役割と,プラトンの理想国における防衛者階級の役割のあいだに顕著に見られることを指摘した。この東西の社会倫理における一致には,東西を架橋する社会倫理の萌芽が見られる。

Journal

  • 大阪教育大学紀要. 第Ⅰ部門, 人文科学 = Memoirs of Osaka Kyoiku University

    大阪教育大学紀要. 第Ⅰ部門, 人文科学 = Memoirs of Osaka Kyoiku University 62(1), 25-35, 2013-09

    大阪教育大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005342908
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00028164
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0389-3448
  • NDL Article ID
    025366960
  • NDL Call No.
    Z22-279
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top