雨の強さと雨滴の大きさの関係を可視化する模型教材の開発 Development of Teaching Materials Visualizing Relationships between Rainfall Intensity and Raindrop Size

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

小中学生の雨に対する科学的な興味・関心の喚起を図るため,雨の強さと雨滴の大きさの関係を可視化する教材の開発を行った。光学式雨滴粒径分布計によって観測された雨滴粒径分布データを基に,雨滴の10倍の直径をもつ発泡スチロール球を用いて雨滴の粒径分布模型を製作した。雨滴の模型を用いることにより,強い雨は弱い雨と比べて大きな雨滴が降っているだけでなく,大小様々な雨滴が数多く降っていることを視覚的にわかりやすく示すことができた。

The teaching materials that visualize the relationships between rainfall intensity and raindrop size were developed in order to rouse scientific interest and concern about rain for elementary and junior high school students. Based on raindrop-size-distribution data observed by an optical disdrometer, the raindrop-size-distribution models were made using the styrene foam balls with diameters ten times larger than raindrop diameters. It could be shown intelligibly using raindrop models that large raindrops and a large number of raindrops with various sizes were observed in heavy rain in comparison with light rain.

収録刊行物

  • 大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University

    大阪教育大学紀要. 第5部門, 教科教育 = Memoirs of Osaka Kyoiku University 62(1), 21-29, 2013-09

    大阪教育大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005342912
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00028233
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0389-3480
  • NDL 記事登録ID
    025346441
  • NDL 請求記号
    Z7-430
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ