自閉症スペクトラム障害児・者の方言不使用についての理論的検討 A Theoretical Analysis on Disuse of Local Dialect by Children with Autistic Spectrum Disorder

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本論文では、松本・崎原(2011) によって報告された「ASD は方言を話さない」という調査結果について理論的検討を行った。彼らの特別支援教育関係者を対象としたアンケート調査は、ASD は定型発達児およびID に比べ、方言の音声的特徴のみならず、語彙の使用も少ないとする結果を示した。この結果について次の5つの解釈の説明可能性を検討した。1)音韻・プロソディ障害説(表出性障害、受容性障害)、2)終助詞意味理解不全説、3)パラ言語理解不全説、4)メディア媒体学習説、5)方言の社会的機能説。1~4の解釈は、ASD でみられた方言の音声的特徴および方言語彙の不使用を十分に説明することができなかった。一方、方言の社会的機能説は、方言の社会的意味として他者との連携意識・集団への帰属意識などに着目したもので、ASD のもつ対人的・社会的障害の側面から方言の不使用を説明できるものであった。この説は、結果を適切に説明できるもので、かつASD の中核症状との関連が推察された。また、この説と関連して、ことばの社会的機能への気づきとASD への言語的はたらきかけについて考察した。

収録刊行物

  • 弘前大学教育学部紀要

    弘前大学教育学部紀要 (109), 49-55, 2013-03

    弘前大学教育学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005347022
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00211590
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0439-1713
  • NDL 記事登録ID
    024627247
  • NDL 請求記号
    Z22-83
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ