オーストリアにおける学習困難児のための物理教育 : ドイツとの比較考察  [in Japanese] Research of the Physics Education for Learning Disabilities in Austria based on the Comparison with Germany  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

ドイツの学習障害児からオーストリアの学習困難児に焦点を移し,物理教育の現状分析を行った。初等教育段階では健常/学習障害/困難児に拘わらず,教科・分野などの枠を持った物理教育は設定されていない。前期中等教育段階では,ドイツの学習障害児は,健常児と違って,理科の枠内で分散的に,オーストリアの学習困難児は,健常児と同じで,物理の枠内で,集中的に健常児より少ない時数で教えられている。ドイツでは,特別支援学校用目録から,オーストリアでは健常児用に準備された目録から,教科書を選ぶことになっている。学習困難児のための書き込み式,自分で作る新構想の物理教科書は,ドイツの学習障害児用新理科教科書とは違って原子物理(放射能)が扱われていることで違っており,学習障害児用旧物理教科書と同じように,気象(天気),飛行が扱われている。

Journal

  • 研究集録

    研究集録 (154), 79-92, 2013

    岡山大学大学院教育学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005350215
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12338258
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-2423
  • NDL Article ID
    025111442
  • NDL Call No.
    Z22-269
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top