古いタヒチ語テキストにおける百以上を表す数表現  [in Japanese] Numeral Expressions for 100 or Higher in Old Tahitian Texts  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

タヒチ語では百以上の数を表す表現において、「百」、「千」、「万」など桁の基準となる数の単位を表す数詞に二つの種類がある。タヒチ語固有の伝統的数詞と英語から入った外来語数詞の二つである。伝統的数詞は現在では使われなくなってしまったが、タヒチ古来の伝承の中には多数残っている。古いタヒチの伝承を多く収集したHenry(1928)に含まれている用例を見ると、これらの伝統的な数詞は単独で用いて、「百」、「千」、「万」、「百万」のような漠然とした数を表すのに用いられていた。また、その表わす数値についても曖昧な点が見られた。このようなことから、これらの数詞が示す数値の厳密性には疑問の余地があることは否定できない。しかしながら、これらの伝統的数詞の間に数値の大きさの序列の階層的な関係があること裏付ける例もあり、一桁の小さな数詞から莫大な数を表す数詞へと連続して拡大していく数詞システムの存在が認められた。

Journal

  • 北海道言語文化研究

    北海道言語文化研究 -(10), 1-6, 2012

    北海道言語研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005350437
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12307232
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1882-6296
  • NDL Article ID
    023739878
  • NDL Call No.
    Z71-V631
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top