光学式プランクトンカウンターによる北太平洋外洋域における動物プランクトン群集の空間変動解析  [in Japanese] Spatial Changes in Mesozooplankton Community Structure in the North Pacific : Analyses by Optical Plankton Counter  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

海洋生態系において,動物プランクトンのサイズ毎の現存量を把握することは,動物プランクトンのサイズ組成が,魚類仔稚魚の餌選択性,成長および生残に影響を与えること,また鉛直的な有機物輸送量を決定することから,水産学および海洋学いずれの視点においても重要である。動物プランクトンサイズ組成に関する情報はその重要性にも関わらず,特にその時空間変動に関する知見は乏しいのが現状である。その理由として,従来の顕微鏡による解析には多大な労力,膨大な時間および動物プランクトンの形態分類についての専門的な知識が必要となることが挙げられる。こうした問題の解決策として,従来の顕微鏡解析に比べて正確,簡便かつ短時間にサイズ分布の解析が可能な光学式プランクトンカウンター(OPC: Optical Plankton Counter; Herman,1988)が導入されている。

Journal

  • 北海道大学水産科学研究彙報

    北海道大学水産科学研究彙報 63(3), 13-22, 2013-12

    北海道大学大学院水産科学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005353252
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11547977
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1346-1842
  • NDL Article ID
    025250869
  • NDL Call No.
    Z18-208
  • Data Source
    NDL  IR  JASI 
Page Top