視覚課題としての仮名文字導入により言語能力に向上が認められた1症例  [in Japanese] A child who showed improvement in speech ability after introduction of kana as a visual task  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

音声言語による発信が,ほとんど認められないコミュニケーション態度非良好児に対して訓練を行った.音声言語の発信を目標とした訓練を行う前段階として,まずコミュニケーション態度の改善(1期)を行った.その後,視覚課題としての仮名文字を導入(2期)することにより,音声言語による発信面の向上を促した.その結果,コミュニケーション態度は改善し,音声言語による発信能力に大きな変化が認められた.本症例の経過においては,視覚課題として導入した仮名文字が,音声言語による発信能力に変化をもたらす有用な手段の一つであることが示唆された.

Journal

  • 高知リハビリテーション学院紀要 = Journal of Kochi Rehabilitation Institute

    高知リハビリテーション学院紀要 = Journal of Kochi Rehabilitation Institute 3, 31-35, 2002-03-31

    高知リハビリテーション学院

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005356694
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    13455648
  • Data Source
    IR 
Page Top