ネットワークを利用する教育用CADの設計法 : 献立演習の充実のために  [in Japanese] Design of Educational CAD on a Network : In a Seminar of Planning-Menu  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

栄養管理の専門教育における献立演習を取り上げて、献立設計作業を分析し、データ処理の高速化、献立設計を補助する献立修正機能や汎用アドバイス生成機能を付加した献立設計の学習用CADを表計算ソフトで開発した。献立設計CADの利用目的は、(1)専門教育としては献立設計手順に習熟させること、(2)健康的な生活を維持するための献立知識の理解である。与えられた栄養所要量を満たす献立の作成作業は複雑であるため講義だけで理解するすることは容易でなく繰り返し演習して修得しなくてはならない。本論文で開発した学習補助機能を付加した献立設計CADは、単独でも使いやすいシンプルな構造のため、献立作成の学習に有効であることが初心者に対する演習後のアンケートより明らかになった。

Journal

  • 経営情報研究 : 摂南大学経営情報学部論集

    経営情報研究 : 摂南大学経営情報学部論集 5(2), 133-145, 1998-02

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005370381
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1043902X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Data Source
    IR 
Page Top