ドイツの大学におけるソーシャルワーカー養成教育 : NRWカトリック大学を中心に The social worker training education system in a German university : through Catholic University of Applied Sciences of North Rhine-Westphalia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究では,NRW カトリック大学のソーシャルワーカー養成教育を紹介することで,ドイツの大学におけるソーシャルワーカー養成教育の特徴を述べることを目的とした。その結果,ドイツのソーシャルワーカー養成教育は,ヨーロッパのEU 諸国の教育制度に影響を受け,3 年間で学士と同時に資格を取得できるシステムであることが示された。 実習に関しては,ドイツが大学入学前に数か月間の実習体験を重視し,入学後も海外福祉施設実習も実習単位として評価しているなど実習教育を重視していた。The aim of this study was to clarify the characteristics of education for social workers in a German university through the education system for social workers at the Catholic University of Applied Sciences of North Rhine-Westphalia. As a result, it was found that the system of education for social workers in Germany is affected by the educational system of the E.U. nations in Europe, in which students can get a qualifi cation as a social worker and get a BA in three years. For practical training, German social work education emphasizes practical experience in the last few months before university, and also after enrollment, students are evaluated on training in overseas welfare facilities.報告

収録刊行物

  • 人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌

    人間と科学 : 県立広島大学保健福祉学部誌 13(1), 33-39, 2013-03

    県立広島大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005379362
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11568026
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1346-3217
  • NDL 記事登録ID
    024464997
  • NDL 請求記号
    Z74-C385
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ