「ひきこもり」における透明な排除のプロセス  [in Japanese] The Invisible Exclusion Process of 'Hikikomori'  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年「ひきこもり」の多様性が指摘され、厚生労働省(2010)による「ガイドライン」ではさまざまな角度から状態を判断する「多軸評価」が提案されている。しかし、これまでも指摘されてきたように、ひきこもり状態に陥るまでの経歴に目を向けると多くの共通性が認められるという側面もある。本研究では若者自立支援施設を利用している「ひきこもり」経験者を対象に面接調査を行い、多様な背景をもつはずの彼らが類似した体験を経た挙句、「ひきこもり」という状態に陥っていくプロセスについて検討した。その結果、「いじめられ体験」「不登校」「就労の失敗」などがキャリア形成を阻害していることの他に、表面上はキャリア形成に影響がないように見える「透明な排除」のプロセスが浮かび上がった。論文

More recently, the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare have suggested six specific criteria required to valuation Hikikomori. While the degree of the phenomenon varies on an individual basis, often the processes into Hikikomori are very similaArticle

Journal

  • 札幌学院大学人文学会紀要

    札幌学院大学人文学会紀要 (94), 81-101, 2013-11

    札幌学院大学総合研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005387534
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1009127X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0916-3166
  • NDL Article ID
    025039499
  • NDL Call No.
    Z22-635
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top