連続変身の説話の系譜――花咲爺を中心として――  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

日本の昔話の「花咲爺」は,殺されて死体から有用植物を発生させるハイヌヴェレ型神話の要素を持つと同時に,中国の「狗耕田」,中国や台湾の「蛇むこ」などの説話とも同じ構造を持っており,古栽培民的要素と焼畑雑穀農耕に由来する要素の二層から成り立っているということが,古川のり子の研究により明らかにされている。本稿ではこの古川説に加えて,比較対象をルーマニアの「リンゴ姫」,インドの「ベル姫」,さらにはエジプトの「アヌプとバタ」の説話に広げ,これらの説話に共通した構造を抽出した。その特徴は,主人公が次々に変身する「連続変身」であり,おそらくエジプトのものが最も古く,エジプトから中国,日本へと伝播し,ルーマニアとインドの話はエジプトから中国への伝播の途中で分岐したものと考えられる。また,連続変身の本来の形は,「人間→動物→木→木製品→(灰)→再生」というものであったと推定される。

Journal

  • 人文研紀要

    人文研紀要 (第75号), 285-308, 2013-10-10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005394382
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    0287-3877
  • Data Source
    IR 
Page Top