ドイツの専門上級学校における物理教育の変遷 : 新旧教科書の比較考察  [in Japanese] The Changes in Physics Education at the Fachoberschule (Vocationally-oriented Upper Secondary School) in Germany : Comparative Study between the Old and the New Textbook  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

ドイツの職業教育諸学校の一つ,専門上級学校に焦点を当て,新旧物理教科書の比較考察に基づき,物理教育の変遷を明らかにしてきた。技師学校,高等専門学校の専門大学への昇格とともに,準備校として,職業上構学校などから創られてきた40年程度の伝統を有する専門上級学校用の新旧物理教科書において,物理教育の概念・構造が大きく異なっている。旧では,力ではじまり電気などを経て原子でおわるが,新では力と電気だけという範囲に違いがあること,重複(共通)している索引の割合は,旧では5%程度,新では30%程度であることなどは,学校の創生期(多様な生徒)からの隔りなどを経てきた,独自性の確立であり,また,単位系移行からの完了などが背景といえる。

Journal

  • 研究集録

    研究集録 (155), 79-89, 2014

    岡山大学大学院教育学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005394604
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12338258
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-2423
  • NDL Article ID
    025331817
  • NDL Call No.
    Z22-269
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top