社会問題学習としての実践的態度形成 ―アメリカ中等後期カリキュラムユニット 『変化する世界の論争問題』を手がかりとして― Improving the Teaching Strategy to Develop Student' s Practical Attitude by Learning Social Issues Curriculum Based on Analyzing the U.S High School Curriculum Unit "Issues in Our Changing World"

この論文にアクセスする

抄録

 本研究は,実践的態度形成を目指した社会問題学習のあり方をアメリカ中等後期段階のカリキュラム『変化する世界の論争問題』を手掛かりとして明らかにすることを目的としている。社会問題学習はこれまでも様々な学習論が提案されており,その有効性が示されてきた。しかし,社会問題を扱った学習は,教師による価値注入・態度形成に陥る可能性がある。本研究では,社会問題学習に関するこの課題を克服し,学習者自身の実践的態度形成を促す社会問題学習のあり方を,米国の優れた社会科教材の分析を通して明らかにした。

収録刊行物

  • 岡山大学教師教育開発センター紀要

    岡山大学教師教育開発センター紀要 4, 36-45, 2014-03-10

    岡山大学教師教育開発センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005398251
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    2186-1323
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ