全学教職課程における「教職実践演習への取組」(2): 試行の成果と課題及び本格実施の実際  [in Japanese] Practical Seminar for the Teaching Profession on the Teacher Training Program at Okayama University(2)  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

 岡山大学では,平成25年度後期より本格実施する教職実践演習に向けて,独自で通年開講する教育学部を除く7課程認定学部と教師教育開発センター(以降,センター)が協同して準備を行っている。平成24年度後期に教育学部以外の教職希望学生を対象に15講からなる教職実践演習(以降,全学教職実践演習)の試行を実施した。試行は参加学生へのアンケート調査や授業担当者の反省会で得られた意見より,概ね期待された効果が得られた。一方,試行に参加した学生が教育実習後と比較し伸びているのか,必修科目になれば教職を目指さない学生が混じるため試行ほど成果が期待されないのではないか,等の課題が指摘された。試行の反省を基に,平成25年度前期には受講生向けに「全学教職実践演習ガイドブック」を,40 名近くの指導者向けに「全学教職実践演習ハンドブック」を作成した。本稿では試行の成果と課題及び本格実施の実際について報告する。

Journal

  • 岡山大学教師教育開発センター紀要

    岡山大学教師教育開発センター紀要 4, 123-132, 2014-03-10

    岡山大学教師教育開発センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005398261
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    2186-1323
  • Data Source
    IR 
Page Top