教員養成系実習・演習科目における反転授業のデザインおよび実施  [in Japanese] Design and Implementation of Flipped Classroom Method for Practice or Practical Training Subjects in a Teacher Training Program  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

教員養成系授業科目デザインにおいて TPACK モデル、自己調整学習スキル、能動的な学習の3つの枠組み が必須であるとの観点から、事前にeラーニング等で学習を行い、正規の学習活動を充実させることを意図し た反転授業に着目し、実習・演習科目を対象とした反転授業デザインおよび実践を行った。まず、前期科目2科 目、2コマを対象に反転授業を実施した。作成した教材は動画による、5 分程度の教材を e ラーニングにより提供 した。その結果、導入した教材には学生からは,分量,内容ともに好意的な反応が得られた。しかし、事前学習の 履修率にばらつきが見られた。そこで、反転授業にジグソー法を組み合わせた授業デザインを後期科目において実 施するとともに、課題遂行への働きかけを行った。結果、履修率の問題は解決した。しかし、一方で、反転授業教 材の内容面での検討が必要な事、事前学習未履修者への対応だけでなく,対面授業欠席者への対応の検討が必要な事などの課題が明らかとなった。

Journal

  • 日本産業技術教育学会九州支部論文集

    日本産業技術教育学会九州支部論文集 21, 111-116, 2013

    日本産業技術教育学会九州支部

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005400018
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1348-6489
  • NDL Article ID
    025295997
  • NDL Call No.
    Z71-L298
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top