会話についての会話と観察の観察  [in Japanese] The second-order observations and conversations over conversations  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

社会構成主義(social constructionism)をその理論的背景に持ち、現在では心理学、社会学、福祉学、医学等、様々な学問領域に影響を与えつつあるナラテイヴ・セラピーの諸潮流のなかでも、ノルウェーの精神科医トム・アンデルセンによって提唱されたリフレクテイング・プロセスの社会学的可能性に関しては、国内においてこれまでほとんど言及されていない。本稿では、リフレクティング・プロセスにおける「会話についての会話」が有する理論的および実践的な意義を社会システム論の観点から観察するとともに、その社会学的応用可能性について検討する。

Journal

  • Sociology and anthropology

    Sociology and anthropology (6), 59-71, 2008

    九州大学大学院人間環境学研究院人間科学部門共生社会学講座

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005436131
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11519621
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13462717
  • NDL Article ID
    10335673
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL Call No.
    Z71-F272
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top