看護師の定着行動に影響する組織文化の認識 : 看護管理責任者とスタッフナースの比較  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は看護管理責任者とスタッフナースとの組織文化に対する認識の相違を検証することを目的とした.スタッフナースの組織文化の認識を得点化し,その結果を明示することで,看護管理責任者から自施設の組織文化について質的にデータを得た.離職率が 5~ 10%の施設では看護管理責任者とスタッフナースに組織文化の捉え方に大きな乖離は見られなかった.特に集団や仕事の認識には乖離が少なかった.看護について看護管理責任者は現状に満足していない傾向があり,師長あるいはスタッフへの伝達が十分でないことが再認識された。

Journal

  • 広島国際大学看護学ジャーナル

    広島国際大学看護学ジャーナル 9(1), 13-23, 2012-03-31

    広島国際大学看護学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005436261
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12052528
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1349-5917
  • Data Source
    IR 
Page Top