過去4年間に当科外来を初診した未診断小児悪性腫瘍症例13例のまとめ  [in Japanese] Summary of 13 new outpatients with undiagnosed pediatric malignant tumors in our department during the past 4-year period  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

2008~11年に当科外来を初診した未診断悪性腫瘍症例13例(男/女=7/6)の臨床的特徴について検討した.年齢は1ヵ月~14歳(平均6.4歳)で、最終診断名は血液腫瘍7例、脳腫瘍、固形腫瘍各3例であった.血液腫瘍の初診時の症状は非特異的であった.症状出現後当科初診までの期間は2日~1年10ヵ月と長く、10例は前医受診歴を有したが、前医の紹介で当科を受診したのは9例であった.外来受診時間帯は時間内9例、時間外4例で、外来患者における発生頻度は各々0.010%、0.016%であった.4例(30.8%)は初診時に危急的状態を呈し、9例は即日転院していた.時間帯別紹介率は時間外(50.0%)の方が時間内(77.8%)より低く、危急的状態の合併率は時間外受診(50.0%)の方が時間内(22.2%)より高かった.小児救急診療においても少数ながら未診断悪性腫瘍が存在する可能性に注意する必要がある.

Journal

  • 京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (34), 38-45, 2013-12-01

    京都第二赤十字病院

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005436780
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00357778
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0389-4908
  • Data Source
    IR 
Page Top