近代日本における労働市場統合と生活水準に関する一試論 : 熟練労働者と農業労働者に関する地域間賃金変動の分析, 1899-1940年  [in Japanese] Kindai Nihon ni okeru rodo shijo togo to seikatsu suijun ni kansuru ichi shiron : jukuren rodosha to nogyo rodosha ni kansuru chiikikan chingin hendo no bunseki, 1899-1940nen  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

欧米において賃金史研究は長い伝統を持っているが, 近年, 市場研究の新展開とともに, 方法・対象ともに新しい潮流が生まれている。本稿は, これらのうち, 誤差修正モデルを適用するなど, 新しい手法を用いて近代日本の労働市場を分析する。労働市場として, 熟練工労働市場と農業労働市場を選び, 府県別の賃金データベースを作成することにより, 地域間の賃金変動から市場統合を論じる。結論として, 全体としては双方の部門において市場統合が進展していたが, 地域的多様性が大きいこと, および近世以来の市場支配力の衰退した地域がある可能性などが指摘される。While there is a long tradition of study on the history of wages in Europe and America, in recent years, we see a new development in the study of markets, as well as new waves in terms of method and the subject of study. This study analyzes the labor market of modern Japan by applying a new method, namely, the error-correction model. Moreover, it discusses market integration based on cross-regional fluctuations in wages by compiling a wage database, segmented by prefecture in both the skilled workers market and the agricultural laborers market. In conclusion, this study indicates that market integration was in progress in both sectors as a whole, but there were large variances among regions, and that there were possibly some regions where market power may have declined since modern times.小特集 : 日本における生活水準の変化と生活危機への対応 : 1880年代-1980年代

Journal

  • 三田学会雑誌

    三田学会雑誌 97(4), 517(55)-540(78), 2005-01

    慶應義塾経済学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005440785
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0026-6760
  • Data Source
    IR 
Page Top