日韓の日本語教科書における普通体基調会話の扱い--普通体基調会話の教育方法開発に向けて  [in Japanese] Plain-Form Conversations in the Japanese Language Textbooks Published in Japan and South Korea  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は、普通体基調会話教育の現状把握を目的として、日韓の日本語教科書の分析結果を報告するものである。分析の結果、日本の教科書の方が普通体基調会話をより多く提示していること、また、両国の日本語教科書の普通体基調会話に共通する問題のあることが明らかになった。現行の教科書を見る限り、普通体基調会話は断片的に扱われているに過ぎず、日本語教育においては普通体基調会話を体系的に学習者に示す必要がある。

Journal

  • 北九州市立大学国際論集 = CIEE journal, the University of Kitakyushu

    北九州市立大学国際論集 = CIEE journal, the University of Kitakyushu (12), 163-185, 2014-03

    北九州市立大学国際教育交流センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005444946
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1195119X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1348-1851
  • Data Source
    IR 
Page Top