青年の「恋愛離れ」における社会的閉塞感の影響  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年青年の「恋愛離れ」が指摘されている一方で、青年の生活満足度は高くなっている。この現象に関して、古市(2011)は、社会的閉塞感から将来に明るい展望が持てないために、「今、ここ」の幸せに満足しているのではないかという仮説を提唱している。本研究では、この仮説を実証的に検証するため、時間的展望体験尺度と価値観を測定し、検討をおこなう。また、併せて恋愛イメージを測定し、それとの関連を検討した。結果は、「現在の充実感」において女性のほうが高く、「自己沈潜的人生観」において恋愛不要群が高かった。また、恋愛イメージに関してクラスタ分析をおこない、それぞれ2群に分けたところ、恋愛不要低群・男性において「希望」が有意に低かった。これらの結果から、一部の男性においてとくに社会的閉塞感の影響が強いことが示唆された。

Journal

  • 三重大学教育学部研究紀要, 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学

    三重大学教育学部研究紀要, 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学 65, 207-213, 2014-03-31

    三重大学教育学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005462449
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12097333
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    1880-2419
  • Data Source
    IR 
Page Top