私立幼稚園職員を対象に実効のある保育目標明確化の必要性を説明するための資料の概要の開発  [in Japanese] Developing the Outline of a Document Explaining the Necessity of Effective Educational Goals to Private Kindergartens' Staff Members  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

わが国の幼稚園教育において,カリキュラムマネジメントをさらに発展させていくためには,幼稚園現場の職員に対する,実効のある保育目標明確化の必要性が理解できる説明資料を開発することが不可欠であるといえる。そこで,本研究では,その最初の段階として,私立幼稚園職員を対象に,その過半数にそのことが理解できる説明資料の概要をアクション・リサーチにより開発している。その概要に含まれる項目は,各幼稚園において実効のある保育目標明確化の必要性が生じた政策的背景,幼稚園の保育目標にかかわる法的規定,これまでに開発されている実効のある保育目標の明確化手順,保護者が実効のある保育目標を共有することによって保育についての共通理解と子育てへの意欲が促される可能性,保育者が実効のある保育目標を共有することによって保育についての共通理解と意欲とが促される可能性である。

Journal

  • 研究集録

    研究集録 (156), 23-31, 2014

    岡山大学大学院教育学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005464805
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12338258
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-2423
  • NDL Article ID
    025774879
  • NDL Call No.
    Z22-269
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top