海外大学の中国高校卒業生リクルート戦略 : 中国大学統一入学試験「高考」成績の活用をめぐって  [in Japanese] China's National College Entrance Exam (Gaokao) and Strategies for Recruitment of Chinese Students Employed by Foreign Universities  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿では、高等教育のグローバル化に伴い、日本の大学においても入試制度改革に向けた機運が高まりつつある状況を踏まえ、中国の全国統一大学入学試験である「高考」成績の国際的な活用について考察する。具体的には、「高考」の概要と、現在留学生の選抜を行う際に「高考」の成績を参照にした海外の大学の新しい動きなどを紹介するとともに、「高考」を導入するメリット及び注意すべき点を示し、日本の大学において「高考」による学部留学の条件として採択する可能性を検討する。中国人学部留学生の選考に「高考」の成績を利用する海外の大学が増加している中、最大の留学生派遣国である中国から成績優秀者を受け入れるための一つの判断基準として、日本の大学が「高考」を活用する可能性を模索したい。そして、入学後の教育内容だけでなく入試制度のグローバル化が避けられない状況が出現しつつある中で、留学生の受け入れに、海外の国内入試制度を参照・活用することの是非を問うことで、日本の大学入試制度の改革への視座を提示する。

Journal

  • 多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集

    多文化社会と留学生交流 : 大阪大学国際教育交流センター研究論集 (17), 3-17, 2013

    大阪大学国際教育交流センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005478419
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11266479
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1342-8128
  • NDL Article ID
    024856430
  • NDL Call No.
    Z22-B248
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top