3次元RBSMによるコンクリートの高速圧縮破壊解析  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

高速圧縮下におけるコンクリートの破壊挙動を解析的に評価することを目的とし,著者らが提案しているコンクリートの準微視的な力学挙動をモデル化した3 次元RBSM により,載荷速度および供試体高さを変化させた高速1 軸圧縮解析を行った。解析により得られた供試体内部の応力・損傷分布性状を可視化することにより,ひずみ速度が1.0/sec を超える高ひずみ速度域においては,慣性力の影響により圧縮強度が増加することを示した。さらに,高ひずみ速度域では,静的載荷時と比較して,応力波の影響により破壊局所化領域が拡がることを示した。

Journal

  • コンクリート工学年次論文集

    コンクリート工学年次論文集 32(2), 721-726, 2010

    日本コンクリート工学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005515291
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1347-7560
  • Data Source
    IR 
Page Top