高次元アルゴリズム(HA: Hamiltonian Algorithm)を用いたEnkephalinの立体構造の分子動力学的研究 : HAに現れるmixing 係数の効果  [in Japanese] Conformation Analysis of Enkephalin Using Hamiltonian Algorithm : Effect of Mixing Coefficient in HA  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

タンパク質の折れ畳み過程や構造をシミュレーションする手法である分子動力学法をより効率よく行うために生体分子の分子動力学シミュレーションプログラム:PEACH に高次元アルゴリズム(Hamiltonian Algorithm)を組み込み、従来の分子動力学法との差異を比較検討した。Leu-Enkephalin とMet-Enkephalin の二種類のタンパク質を計算対象とした。HA を用いると従来法のエネルギー分布よりも低いエネルギー値を多く取ることが観測され、探索空間が広がっている事が判った。Copyrightは日本コンピュータ化学会。出版社版は学会より入手。

Journal

  • Journal of Computer Chemistry, Japan

    Journal of Computer Chemistry, Japan 6(5), 275-282, 2007

    日本コンピュータ化学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005520445
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11657986
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1347-1767
  • Data Source
    IR 
Page Top