キャメロン政権とヨーロッパ統合 : イギリスはEUから離脱するのか (平成二五年度慶應法学会シンポジウム EUの政治・経済秩序) Hokoku san : Kyameron seiken to Yoroppa togo : Igirisu wa EU kara ridatsusuru no ka

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

特別記事 : 平成二十五年度慶應法学会シンポジウム EUの政治・経済秩序はじめに一 イギリス政治における反欧州的イデオロギー(一) 欧州懐疑主義の起源 : 一九七五年国民投票(二) サッチャー首相のブルージュ演説(三) イギリス独立党(UKIP)の台頭(四) 欧州人民党からのイギリス保守党の離脱二 キャメロン政権のヨーロッパ政策(一) 保守党の二〇一〇年総選挙マニフェスト(二) 保守=自由の連立交渉(三) 二〇一一年EU法令三 EU加盟を問う国民投票(一) キャメロン首相の国民投票演説(二) キャメロン演説の反響おわりに : イギリス政治の漂流

収録刊行物

  • 法学研究

    法学研究 87(6), 138-155, 2014-06

    慶應義塾大学法学研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005525989
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00224504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0389-0538
  • NDL 記事登録ID
    025752511
  • NDL 請求記号
    Z2-12
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ