私立幼稚園における実効のある保育目標明確化手順の実用性・有効性向上の追求  [in Japanese] Making a Procedure Developed to Clarify Effective Educational Goals in Private Kindergartens More Practical and Useful  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

山中らは,2011 年の論文「幼稚園における実効のある保育目標の明確化手順の開発―私立清和幼稚園でのアクション・リサーチ―」において,幼稚園における実効のある保育目標の明確化手順を開発した。本研究の目的は,山中らの開発した手順をより実用的でより有効な手順に発展させることである。執筆者は,岡山市と倉敷市のそれぞれにおいて,同市内の私立幼稚園園長から,園長の見解,保育者による協議,地域社会・保護者の声の各点について他園より重視していると言われる私立幼稚園,合計6園を選び,それらの園におけるアクション・リサーチを通して,山中らよりも実用的で,全対象園に有効な実効のある保育目標の明確化手順を開発している。

Journal

  • 研究集録

    研究集録 (158), 43-51, 2015

    岡山大学大学院教育学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005553919
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12338258
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-2423
  • NDL Article ID
    026233085
  • NDL Call No.
    Z22-269
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top