比較鑑賞で読み解くフェルメールの造形性  [in Japanese] Appreciation Method of VERMEER'S Paintings  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論は,日本における認知度や人気が近年非常に高まっている17 世紀オランダの画家フェルメールを取り上げ,鑑賞教育の立場からフェルメール・ブームの問題点やフェルメール復活の理由及びフェルメール絵画の本質を探ろうとするものである。そのためフェルメール作品と,彼の同時代の風俗画家たちの作品との比較鑑賞を試み,共通点や相違点を発見し,それぞれの絵画効果を確認する作業を通して,フェルメール作品の造形性を明らかにしていく。その過程からフェルメールの今日における高い評価の理由も,自ずと導き出せるはずである。

Journal

  • 研究集録

    研究集録 (158), 119-136, 2015

    岡山大学大学院教育学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005553927
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12338258
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-2423
  • NDL Article ID
    026233806
  • NDL Call No.
    Z22-269
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top