一定のカロリーを摂取する場合,砂糖は脂肪やでんぷんよりも肥満を誘導し易い  [in Japanese] Sugar Induced Obesity more than Fat and Starch under the same Calorie Intake in Rats  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

ダイエットをする場合,糖質制限あるいは脂質制限が一般に行われるが,体重増加に寄与する詳細については不明な点が多い。本研究では,ラットをストレス負荷で,カロリー量を一定にしたコントロール食,脂質過剰食,砂糖過剰食などの実験食で10週間飼育した時の体重変化及び血液と肝臓の脂質動態ついて比較検討を行った。 餌は各群とも同量を毎日ラットに投与した結果,糖質より得られるカロリーの61.5%(コントロールは15.4%)を砂糖に置き換えた砂糖群の体重増加が他の食餌群に比べて高いことが認められた。特に,コレステロールを同時摂取すると他の群に比べて有意に体重増加が認められた。一方,脂質群は総カロリーの39.8%を脂質で,つまりコントロール群の2.8倍に増加し,代わりに糖質は砂糖を含まないでんぷんのみで総カロリーの10%,たんぱく質は総カロリーの51%であったが,体重変動はコントロール群のn-6系とn-3系脂肪酸群とよく似ていた。ストレス負荷では,砂糖群だけはストレスがない場合と同様に体重が著しく増加したが,他の各群は減少傾向を示した。体重が1g増加するのに消費した餌の摂取量を比較すると,砂糖群は他の群に比べて少ない餌量で効率よく体重ダイエットをする場合,糖質制限あるいは脂質制限が一般に行われるが,体重増加に寄与する詳細については不明な点が多い。本研究では,ラットをストレス負荷で,カロリー量を一定にしたコントロール食,脂質過剰食,砂糖過剰食などの実験食で10週間飼育した時の体重変化及び血液と肝臓の脂質動態ついて比較検討を行った。 餌は各群とも同量を毎日ラットに投与した結果,糖質より得られるカロリーの61.5%(コントロールは15.4%)を砂糖に置き換えた砂糖群の体重増加が他の食餌群に比べて高いことが認められた。特に,コが増加したのが明らかとなった。ストレス状況下では,体重増加に必要な餌の分量が砂糖群以外で通常より増加したのが認められた。 ラットの肝臓の総コレステロール量は,砂糖群と脂質群及びコントロール群ともにコレステロール添加で著しく増加したが,各群間に差は認められなかった。ストレス負荷の肝臓では各群ともに増加した。また,肝臓のトリアシルグリセロール(TG)もコレステロール添加によって各群ともに著しく増加が認められた。脂質群と砂糖群はともにn-3系のコントロール群と同じ傾向であった。一方,血漿中の総コレステロール量はコレステロール添加により各群ともに有意に増加したが群間に差はみられず,さらに,ストレス負荷の影響も認められなかった。一方,HDL-コレステロールは砂糖群がコントロール群と脂質群に比べて高い傾向であった。また,コレステロール添加により各群ともに有意なHDL-コレステロールの低下が認められた。 以上の結果より,砂糖食はでんぷん食よりも肥満を誘導しやすい傾向が明らかとなった。一方,脂肪食はカロリー制限下では肥満にならないのが認められた。また,砂糖群や脂質群のような極端に偏った食餌でありながら,カロリー摂取量の制限下では血漿の脂質や糖などの生化学的数値への影響は少ないが,コレステロール含有の場合は肝臓に影響が出ることが明らかとなり,ヒトでも同様な傾向があることが示唆された。

We investigated the effect of low-carbohydrate diets and high-sugar diets on body weight and biological value of blood and liver in rats. Especially, we compared the three different experimental diets: control diet with n-6 or n-3 fatty acids, low-carbohydrate diet with high fat and high protein, high-sugar diet instead of starch under the same calorie intakes. Furthermore, each diet group had with or without cholesterol. The result showed that the high-sugar diet increased body weight much heavier than other groups. The low-carbohydrate diet showed the body weight as same as control group under the limited calorie intakes. The high-sugar diet needed the lowest food to increase 1g of body weight than the low-carbohydrate diet and control diet. In addition, the high-sugar diet was not affected by stress on food intake compared with low-carbohydrate diet. That was extremely different from low-carbohydrate diet and control diet which required more food to increase 1g body weight under the stress. The biological values of blood were not changed among each group. However, the diets which including cholesterol increased total cholesterol in liver and blood, and increased triacylglycerol in liver. In contrast, HDL - cholesterol were decreased with cholesterol diets. The conclusion of this study is that excessive sugar intakes showed inducing obesity more than low-carbohydrate diet. In addition,this study suggests that excessive sugar or fat intakes from animal source should be cautious to prevent liver damage.

Journal

  • 鹿児島純心女子大学看護栄養学部紀要 = Bulletin of Faculty of Nursing and Nutrition Kagoshima Immaculate Heart University

    鹿児島純心女子大学看護栄養学部紀要 = Bulletin of Faculty of Nursing and Nutrition Kagoshima Immaculate Heart University (15), 23-28, 2011-07

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005566894
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11824432
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Data Source
    IR 
Page Top